授乳と歯科について

授乳と歯科 歯に関わる医療情報

この記事では授乳と歯科治療について、これまでの私の臨床経験と知見、ガイドラインを中心に分かりやすくまとめました。

授乳中の投薬に関する考え方

母親が薬剤を使用後に母乳へと移行する薬剤はかなり少なく、さらに乳児が母乳から吸収する量は減るため、影響が出る可能性はとても低くなります。

【例】アモキシシリンを1回250mg服用した場合の乳児の理論的薬剤摂取量は5kgの乳児が1日に750ml哺乳するとした場合に0.118mgとなります。

一方で、アモキシシリンの治療量は5kgの乳児で100mg/日となります。

つまり、母乳を介して乳児に与えられる薬剤量は治療量の0.118%と極めて少量となるため、実際には乳児に影響がでないと予想できます。

相対的乳児薬剤摂取量とは

相対的乳児薬剤摂取量(RID)
=乳児薬物摂取量(mg/kg/day)/母親の薬物摂取量(mg/kg/day)×100

母体投与量の何%が乳児に移行したかを示します。
RIDが10%以下であれば安全。1%以下ではまず問題とならないという考え方になります。

一方、日本の医薬品の添付文書には、母乳中へ薬剤が移行する場合に「服用中は授乳を回避・中止させること」と記載されていることが多いと思われます。

その様な現状の中で治療の必要な母親が不必要に授乳を中断してしまう事のないように、「授乳中に安全に使用できると考えられる薬」を、医学的根拠に基づき公表してくれている組織が多くあります。

・成育医療センターなどのHPでは、授乳中でも問題ないと記載されています。
・授乳を済ませてから治療や内服をすることで、次の授乳までに間をあければより影響は少ないとされています。
・心配な方は、事前に搾乳したものや人工乳を与える方法があります。

授乳中の薬剤に関して

妊娠中の投薬はかなり制限がありますが、授乳中に使用できる薬剤は妊娠中と比べると比較的多くあります。母乳中に分泌される薬剤の量は多くの因子が影響します。

★薬剤が母乳に移行しやすい因子 

・解熱鎮痛薬 
アセトアミノフェン:安全性が高いとされています。
NSAIDs(ロキソニンやボルタレン等):血漿蛋白結合率が高く、移行率は低いです。

・抗菌薬   
ペニシリン系、セフェム系:母乳への移行は少量で影響は少ないとされています。
マクロライド系:脂溶性高く半減期も長いですが現時点で問題ないです。
ニューキノロン系・テトラサイクリン系:小児では投与は避けますが母親が必要な場合は2週間程度では許容されます。

・局所麻酔薬
一般的な使用法の局所麻酔であれば問題ありません。

授乳中でも使用可能な薬剤

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

【参考文献】
・妊娠と薬情報センター(国立成育医療研究センターHP、https://www.ncchd.go.jp/kusuri/)
・産婦人科診療ガイドライン2017 (日本産科婦人科学会・日本産婦人科学会編、Obstetrical-practice.pdf (jcqhc.or.jp)
・母乳とくすりハンドブック2010(大分県『母乳と薬剤』研究会編、binyutokusuri.pdf (oitaog.jp)

コメント

タイトルとURLをコピーしました