唾石症について【患者様向け】

唾石症 知りたい歯の情報

この記事では唾石症について、これまでの臨床経験と知見を中心に患者様向けに詳しくまとめました。

スポンサーリンク

唾石症とは

唾液腺導管(唾液腺から唾液が出てくる道)に結石のことで、顎下腺に最も多く(約80%)、耳下腺、舌下線、小唾液腺にも生じます。

唾石の大きさは数mmから5cmほどに及ぶものまで様々で、個数は1個のものが多いですが複数個のものもしばしば見られ、色は黄白色です。

原因は導管の炎症、唾液の停滞、唾液の性状の変化によって、唾液中のリン酸カルシウムが結石となります。

症状

唾石症の症状は、食物摂取時に唾液腺の腫れや痛み(唾仙痛)があり、数分から数十分で腫れや痛みが消えて、これを食事の度に繰り返します。

唾石症はこのような経過を辿ることが多いですが、無症状のまま経過することや化膿性唾液腺炎を生じることもあります。

※化膿性唾液腺炎とは
細菌感染をした場合は、唾液腺の開口部(舌下小丘)からの膿の流出・痛み・腫れがあります。この場合は膿出しをして、洗浄して抗菌薬を内服します。


慢性に移行した場合は、唾液腺が硬くなり、唾液の分泌が低下することがあります。

エックス線所見

パノラマエックス線画像では下顎角部周辺に白く(エックス線不透過像)写ります。
CT画像を用いて精査が必要で、唾石の位置および数の同定を確認します。

また、急性唾液腺炎では 造影CTやMRIでの検査も必要になります。

治療方法

1.唾液腺の開口部付近の小さな唾石は自然排出することもありますが、一般的には外科的に摘出することが多いです。処置はすぐに終わります。

2.口底部にある唾液管内にある唾石は、口の中で切開して唾石のみを摘出します。
顎下腺管内唾石症の手術は下記のとおりです。

局所麻酔後に粘膜を切開して、唾液腺管(顎下腺管、ワルトン管)・舌神経・舌下静脈を分離させます。

ワルトン管を舌下小丘から追っていき、唾石直上の粘膜を切開して摘出します。
最後に口底粘膜のみ縫合して終了です。

3.顎下腺の中にできている唾石は、全身麻酔下で顎下腺ごと唾石を摘出します。

今回は唾石症についてまとめてみました。
この記事が少しでも参考になれば幸いです。

【参考文献】
・新版家族のための歯と口の健康百科(伊藤公一他、医歯薬出版株式会社)

コメント